投資で失敗する人って?

投資で失敗をする人は、リスク管理ができていない人になります。
投資にはリスクがつきものであるため、リスクを最小限に抑えるように常に気をつけていなければなりません。
それができない人というのは、致命的な損失をだしてしまうことになります。
リスク管理ができない人のタイプとして負けず嫌いの人があり、負けを認めることができないことで適切な損切りをすることができずに大きな損失を出してしまうということが多いものです。

投資は思惑通りに全てのことが運ぶわけではありませんから、逆の方向に動いた時には潔く損切りをしなければなりません。
損切りをしなければ値が戻ってくるということは少なくありませんが、一度も戻ってこなくなってしまうほどの値下がりがあれば致命傷となってしまうので負けず嫌いな人ほど失敗しやすいのです。

次に熱くなりやすい人も失敗しやすいタイプで、負けが込むとそれを取り返そうと無謀な取引をしてしまう人も投資の世界で生き残っていくことはできません。
このような人は損益の振れ幅が大きく勝つときは大きく勝ちますし、負けている時にも取り返すことがあるのですが最終的にはそのような取引はリスクが大きく、致命的な損失を出して終ってしまうのです。
負けず嫌いであっても損失を最小限に抑えることをしっかり意識していれば大きな失敗をすることはありませんし、熱くなりやすい人であっても資金管理を徹底していれば致命的な損失を出すことはありません。

しかし、最低限のリスク管理をすることができないのであれば、どこかで必ず失敗をしてしまうことになるのです。
投資で失敗をしたくないと思うのであれば、リスク管理は徹底して行うようにしなければなりません。